スポンサーリンク

【レビュー】サンディスクのiXpand Flash Driveが外付けメモリNo1


 
人気の記事セレクション
   

こんにちは!!『アル』です。

本日ご紹介していく内容はレビュー記事
『サンディスクのiXpand Flash Driveが外付けメモリNo1』
についてご紹介していきます。

iPhone16GBの容量を購入して
あんまり使用することはないだろうって

甘く見ていたあなた!!(アルもです。)

写真を撮りたくてもアプリを新しく入れたくても
『容量が一杯のデータ不足に!』

なっていませんか。

簡単にサクッと解決したいが為に
『アル』は『iXpand Flash Driveの外付けメモリ』
を購入し本当に快適に解決出来たので

これからiPhoneメモリの恩人
『iXpand Flash Driveが外付けメモリ』のレビュー
していきますね。

 

スポンサーリンク

 

iXpand Flash Driveが外付けメモリ64GBを購入から設定・使用方法を解説

iXpand Flash Driveに出来ること

  • Windowsとの交互性がある
  • iPhone5〜6sまで対応している
  • iPhoneに装着しながらでも音楽を聴くことが出来る
  • 動画形式がWMV、.AVI、.MKV、.MP4、.MOVに対応
  • フォルダごとにパスワードが設定可能
  • 2年間の保証期間あり(購入店要確認)

 

iXpand Flash Driveに出来きないこと

  • iMusicなどの音楽は保存できない
  • ストラップをつけるところがない
  • データの消去ロックはかけれない

iXpand Flash Driveが外付けメモリの到着〜開封まで

IMG_5403

iXpand Flash Driveはこんな感じで届きますよ。

箱自体は結構大きめでがっちりとした作りに
なっていますが、届いたときはプチプチで
包まれており送付中の破損対策もバッチリ

 

IMG_5404

箱の底部分にはバーコードが表示されており
その他は英語でいろいろ書かれています。

 

IMG_5406

箱の側面にはiXpand Flash Driveメモリに対応している
機種の説明書きあります。

対応機種のiPhoneは
iPhone5〜iPhone6までと記載があります。

アルのiPhone6sでも試しましたが
問題なく作動しましたので特に問題はないかと
思われます。

 

IMG_5405

箱の後ろ側は英語と韓国語と中国で
簡単な使用説明が書かれています。

 

IMG_5408

中を開けると『じゃじゃ〜ん』と
大きな箱の真ん中にぽつんと

iXpand Flash Driveと固定されています。

 

IMG_5409

そのほかには使用説明書っぽい物が
ありますので、英語がわかる方は
読んでみてください。

読むまでもなく絵だけで
何がいいたいのかわかると思いますが。

 

IMG_5411

中を開けるとこんな感じです。

かなりスタイリッシュでかっこいいですよ。

 

IMG_5410

横から見るとこんな感じ。

iPhoneに差し込むLightning ケーブルが
こんな感じで『グニャ』って曲がり

機体に差し込みやすくなります。

 

IMG_5413

出来る大人の小アイテムって感じです。

キャップは固く蓋をすることは出来ますが
こういうキャップってなくしやすいので

キャップ紛失には気をつけましょうね。

 

IMG_5431

これらをiPhone本体へ装着すると
こんな感じですっぽりとした感じになります。

 

IMG_5428

横から見るとこんな感じです。

iXpand Flash Driveが起動すると
メモリの側面が青緑色に光ります。

 

IMG_5430

これの反対側を向けるとこんな感じです。

 

IMG_5429

そして後ろ側はこんな感じです。

iXpand Flash Driveメモリ自体が
そんなに大きくないので

iXpand Flash Driveを装着しながらで
楽にiPhoneを操作することが可能です。

 


スポンサーリンク
 

iXpand Flash Driveメモリの設定方法

IMG_5417

iXpand Flash Driveメモリを差し込む
自動的にiXpand Flash Driveのアプリをダウンロード
するようにと表示されますので

App Storeからアプリをダウンロードしましょう。

 

IMG_5418

App Storeから入手を押して
アプリをダウンロードして下さい。

 

IMG_5458-side

アプリを開くと上記の画面が表示
されますので左に何回もスワイプして
進んでいき

右側の『さっそく使ってみましょう』
の画面まで進ませ、ホーム画面へ行きましょう。

 

IMG_5419

一番最初の画面はアプリの使い方の説明です。

サクッとここは流してもらっても結構です。

 

IMG_5420

iXpand Flash Driveより写真へのアクセス
を求められますので『OK』を選択して下さい。

 

IMG_5459

さっそく、iPhoneに溜まりに溜まった
写真や動画、音楽をiXpand Flash Driveへ

転送していきます。

『+』マークを選択してください。

 

IMG_5460

次にiXpand Flash Driveへ転送する
写真や動画を選択していきます。

個別に選択することも可能ですし
右上の『すべて』を選び

全部のデータを移すことも可能です。

IMG_5438

今回『アル』は1400件全てを選択して
転送することにしました。

選択し終わったら
『保存先を選択』を押しましょう。

 

IMG_5422

次は転送するデータをどこに保存するか
選択していきます。

一番上の『+新しいフォルダ』を
選択すれば新規フォルダを作成でき

データを見やすくまとめられます。

 

IMG_5423

ここで好きにフォルダの名前を編集することが可能です。

 

IMG_5425

最後のこの画面まで進めば最後の一押しです。

データ選択、フォルダ作成が完了したら
最後に『ここにコピー』をポチッと

押すとデータの移行が始まります。

 

IMG_5461

上記の画像が表示されればデータの転送の完了です。

今回、転送した1400件の写真やら動画を転送しました。

データの容量としてはiPhoneの16GBが
パンパンになりこれ以上写真も撮れない
ぐらいのデータ量を移行しました。

これらの転送所要時間は約20分。

これだけの容量を外付けのモバイルメモリに
転送するにしては速い方じゃないかと思います。

お使いのiPhoneが写真や動画で
パンパンでこれ以上なにも入らない方は

ぜひ外付けメモリを活用してみてください。

 

 

まとめ

iXpand Flash Driveの外付けメモリ
類似品に対して転送速度が3倍速い

と謳ってあるだけあって本当に転送速度は
ちょっぱやな感じでした。

確かにストラップなどを付ける所が
一切ないので紛失にちょっとだけ懸念がありますが

ここらへんは大人なので大丈夫でしょう。

iXpand Flash Driveメモリが最高なんですが

これと同じぐらい完成度の高い外付けメモリが
あるんですよね。どれにしようか迷ってしまうぐらい。

iPhoneの容量一杯で写真が撮れない時に役立つ外付けメモリ3選

スポンサーリンク

安心して修理を任せれるiPhone修理ショップランキング



iPhoneの画面がバキバキに・・・
iPhoneの電池の消耗が異常に早すぎる
Appleに頼むと修理費が異常に高い
iPhone修理オススメショップがサクッと解決


iPhone6sからこそ出来る機能まとめ




iPhone6sカメラのシャッター音が無音!更に音量調節可能

iPhone6sからこそ出来るスクリーンショットを無音で撮影する方法

【iPhone6s】3D Touchが機能しない際の対処方法

iPhone6sから可能になったキーボードでカーソルを自由に操作する方法

iPhone6s動く壁紙【Live Photos】をうまく撮影する方法


iPhone6sを守る為に装着したいアクセまとめ




iPhone6s男性にオススメ!メンズケースランキング

女性にオススメiPhone6sレディースケースランキングTop5

iPhone6s最近、すっごい人気で流行中の手帳型ケースTop3

全機種対応のスマホケースが存在するって知ってた!?

iPhone6sスクリーンを守る為に必須の強化ガラスまとめ

iPhoneを衝撃から守る耐衝撃抜群の強化ガラスランキング


iPhoneユーザーなら抑えておきたい基本操作まとめ




知っておきたいアプリの切替・終了・アンインストールの意味

ホーム画面を綺麗にする為に必須のアプリの移動・ファイル作成方法

ネットページをショートカット!ホーム画面にアイコン化させる方法

バイブレーションを個別に強さや長さを調節する方法

誰だか分からないうざい非通知着信音を拒否をキャリア別に解説


iPhoneユーザーなら知りたい役立つ裏技まとめ




全世界共通!?電波マークをドットから数字化する方法

アプリフォルダを名無しの名前なしフォルダ作成方法

アプリフォルダの中に更にフォルダを入れる裏技的方法


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ