iPhone 役立ちガジェット

iPhoneのYouTube画面をテレビに接続して大画面で楽しむ方法

こんにちは。『アル』です。

本日ご紹介させて頂く記事の内容はこちら

『iPhoneのYouTube画面をテレビに接続して大画面で楽しむ方法』

短時間や外出時であればiPhone画面からYoutubeを楽しむことは全然問題ないのですが、これが長時間の視聴となると正直きついですよね。

そこで、今回は長時間Youtubeを見ても辛くない、iPhoneとテレビを接続してYoutubeを楽しむ方法という記事。

iPhoneのYouTube画面をテレビに接続するためには、先ず接続する手段を確保しなければなりません。その中でも現状、最も信頼性があって確実と思われる方法を調べてみました。

最も信頼性が高いのは、やはりApple社の純正品を選択しておく事に尽きます。では早速見て行きましょう。

 

 

iPhoneとテレビを接続する為に必要なアイテムは?

iPhoneとテレビを接続するアイテムは有線と無線の2種類。

その中でもApple社の純正品ではこの二つが特におすすめです。

 

Apple Lightning – Digital AVアダプタ MD826AM/A

有線でiPhoneをテレビと接続するならば、純正品のApple Lightning – Digital AVアダプタ MD826AM/A<画像1>(¥5,200税別)とHDMIケーブルを使うのがお勧めです。

このケーブルをテレビに接続する際に、MIDIケーブルが必要になりますが、こちらは高くても¥2,000程度で入手出来るので、合計¥8,000以内で収まる計算になります。

ワイヤレスネットワークが無い環境なら、こちらの方法が最も安価になります。

 

Apple TV

無線でiPhoneとテレビを接続するならば、純正品のApple TV 32GB<画像2>(¥15,800税別)で接続するのがお勧めです。

Apple TVを使う場合もMIDIケーブルが必要になるのと、ワイヤレスネットワークが設置されている事が必須条件になって来ます。

この場ではワイヤレスネットワークの構築については割愛します。

ただし、Apple TVがあれば、Apple TV単体でもYouTubeを視聴出来るためiPhoneは必要なく、あえて今回のテーマに沿ってiPhoneから動画を再生する必要はありません。

Apple TVの容量はストリーミングを一時保存するだけのものなので、32GBでも十分なようですが、心配ならば64GBを選択しておくのも良いでしょう。

 

 

iPhoneのYouTube画面をテレビに接続して楽しむ方法

これから上記でご紹介した2つの製品の簡単の接続・設定方法をご紹介していきます。

本当にどちらの方法も簡単なので、商品購入前に参考にしてください。

 

Apple Lightning – Digital AVアダプタ MD826AM/A

iPhoneとMD826AM/Aを接続して、それにHDMIケーブルを繋ぎます。HDMIケーブルはテレビのHDMI端子に接続してください。

テレビの入力をHDMIに選択してください。iPhoneの画面が映し出されたら接続は成功です。

ちなみにiPhoneの画面が回転するとテレビの場面も回転するので、iPhoneはスタンドに置くなどして固定するようにしましょう。

iPhoneのYouTubeアプリを立ち上げて観たい動画を再生します。接続したテレビ画面でもYouTubeの再生が始まります。

 

Apple TV

ここではApple TV単体でのYouTube視聴方法を簡単に説明します。Apple TVをHDMIケーブルでテレビと接続します。

Apple TVをワイヤレスネットワークに接続します。Apple TVのメニュー画面でYouTubeを選択して視聴します。

 

まとめ

今回のテーマに沿った形でiPhoneのYouTube画面をテレビに接続して楽しむ方法は、やはりMD826AM/Aを用いて有線で接続する方法になると思います。

画面がiPhoneの画面に合わせて回転してしまう事を除けば、ネットワーク構築の手間が省ける点も含めると、やはりお勧めです。

また、純正品を選択する事でiOSのアップデートや機種変更(iPhone側のコネクタの形状の仕様が変更される場合を除く)時のトラブルを回避出来る事を考えると、少々割高でも安心です。

将来的にはテレビ単体でもYouTubeの視聴が可能になって来る可能性もありますが、現状、一番お金をかけずに確実にテレビでYouTubeを楽しむ方法はApple Lightning – Digital AVアダプタ MD826AM/Aを選択してiPhoneとテレビを接続するのが一番と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク