iPhone アプリ系

iPhoneのボイスメモをLINEトークで送って共有する方法をご紹介

こんにちは。『アル』です。

本日ご紹介していく記事のテーマはこちらについて
『iPhoneのボイスメモをLINEトークで送る方法』

以前、『iPhoneのボイスメモが送信容量いっぱいで送れない時の対処方法』をご紹介しましたが、実はLINEでもボイスメモを共有することができます。

仕事の連絡はメール、友人とのやり取りはLINEでという人も多いと思います。

個人同士だけではなく、グループでやりとりするのにもLINEは便利ですよね。

メールでの送信の場合だと、送るために一度メールアドレスを聞いてからメールで送信、というと手間がかかってしまいます。

Gmailのようなフリーメールを持っていないということであれば、メールアドレスを取得するところからはじめなければなりませんが、
その為だけにメールアドレスを取得するのは煩わしく感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

ということで、今回はiPhoneのボイスメモをLINEトークで送る方法をご紹介します。

 

 

iPhoneのボイスメモをLINEに送る方法これだ

それでは実際に事前に録音したデータをLINEで送ってみましょう。

まずは、ボイスメモを開きます。

送りたいデータを選択し、左にある上向き矢印のついたアイコンをタップ。

このアイコンは共有を意味するアイコンです。

共有のアイコンをタップすると、共有方法を選択することができます。

メールやメモに追加などがありますが、この中からLINEのアイコンをタップ。

送信先、一緒に送るメッセージを入力できる画面に切り替わります。

送信先の名前をタップし、送り先を決めます。

メール同様に、一度送信してしまうと取り消せないので、送り先を間違えないようにしっかりと確認しましょう。

個人はもちろん、グループにも送ることができます。

複数人に送る場合は、事前にLINEでグループを作っておき、そのグループを送信先に設定しましょう。

送信先、メッセージを確認して右上の送信をタップすると、送信されます。

LINEのメッセージには画像のような形でデータが送信されていることがわかります。

 

 

共有方法にLINEが表示されていない?

共有方法を選択する時にLINEのアイコンが表示されていないという人は設定を変えることで選択することができます。

アプリのアイコンが並んでいるところを左にスクロールしていくと、その他という項目があるので、その他をタップ。

共有できるアプリが表示されるので、LINEの右側にある切り替えのマークをタップします。

右側のマークが緑色になっていれば設定が有効になっています。

完了をタップし、前の画面に戻るとLINEのアイコンが表示されます。

 

注意点

LINEを使ってボイスメモを送ることができますが、送信後1週間のみ有効となっています。

有効期間を過ぎてしまうと、データを再生したり、保存することができなくなってしまうので、後から何度も聞くデータなどであればどこかに保存しなければいけません。

送った相手には、保存しておくよう伝えておきましょう。

 

まとめ

iPhoneのボイスメモをLINEトークで送る方法をご紹介しました。

標準アプリながら、長時間の録音が可能なので利用する人も多いボイスメモはメールだけでなく、LINEでの共有も可能なので、仕事にプライベートに大活躍。

使い方に合わせて、共有できるのは便利ですよね。

皆さんもぜひ、活用してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク