iPhone 修理

iPhoneのホームボタンを押しても効かない!各キャリアの修理費用や期間まとめ

こんにちは。『アル』です。

本日ご紹介していく記事のテーマはこちらについて
『iPhoneのホームボタンが効かなくなり壊れた!修理費用や期間まとめ』

前回、iPhoneの画面が割れてしまった時の修理費用や保証期間についてご紹介しましたが、液晶割れ同様に、iPhoneで故障が多い部分といえば、ホームボタンではないでしょうか。

反応しなくなることはもちろんですが、長く使っていると反応が鈍くなったり、陥没してしまうケースが結構みられるようです。

今回は、iPhoneのホームボタンが効かなくなり壊れた!修理費用や期間について、キャリア別にご紹介します。

 

 

ホームボタンは壊れやすい?緊急対策方法は?

画面割れに並んで多い故障はホームボタンではないでしょうか。

操作する上で必ず使うボタンになるため、その分故障率も高くなりますよね。

壊れやすいホームボタンを壊れないようにするためには使う頻度を抑えることが重要になってきます。

アクセシビリティから『Assistive Touch』をオンにし、ホームボタンを画面上に置くことができます。

こうすることで、ホームボタンを使わず操作することが可能になりますが、慣れるまで時間がかかるのが難点ですね。

 

保証が残っているか確認する方法

もし故障してしまった場合は、まず保証をチェックしましょう。

保証と一口に言っても、Appleが提供している保証各キャリアが提供している保証があります。

保証を受ける前に、保証が残っているか、保証期間内であるか確認しましょう。

 

AppleのiPhone保証サービス

Appleが提供している保証サービスは二つあり、『製品保証』『Apple Care+』があります。

製品保証は購入後1年間、自然故障に対応した保証で、Apple Care+は購入後、自然故障が2年有効な保証になっています。

製品保証・Apple Care+の確認方法から見ていきましょう。

Appleのサイト(https://checkcoverage.apple.com/jp/ja/)にアクセスします。

iPhoneのシリアル番号と画面に表示されている文字列を入力し、「続ける」をクリック。

シリアル番号はiPhoneの設定から一般>情報に記載されています。

Apple Careでの保証期間が過ぎているかどうかが表示されます。

今回は保証期間が過ぎている画面になります。

 

docomo「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」

docomo独自の保証サービスがあり、このサービスでは、購入から1年を超えたiPhoneの紛失や盗難、破損を定額で行えます。

対象機種、月額料金は以下になります。

■対象機種
iPhone7、iPhone7 Plus、iPhone6s、iPhone6s Plus

■月額料金
750円

■対象機種
iPhone SE、iPhone6、iPhone6 Plus、iPhone5s

■月額料金
600円

■対象機種
iPhone5c

■月額料金
500円

なお、保証がついているかはMy docomoにアクセスもしくは電話(0120-210-360)での確認が可能です。

 

au「修理代金サポート」

docomoと同様にauも独自に保証サービスがあります。

この保証は、月額372円で様々なサービスやサポートが受けられる「auスマートパス」のサービスのひとつなので、こちらに加入しているか確認しましょう。

「auスマートパス」は、auのお客様サポートにアクセスまたは電話(0077-7075)に問い合わせることで確認できます。

 

SoftBank「あんしん保証パック(i)プラス」

SoftBankも2つのキャリアと同じように保証サービスがあります。

対象機種、月額料金は以下になります。

■対象機種
iPhone7、iPhone7 Plus

■月額料金
750円

■対象機種
iPhone SE以前のiPhone、iPad全機種

■月額料金
650円

確認方法は、My SoftBankにログインまたは電話での問い合わせ(ソフトバンクの携帯電話であれば151、一般の電話は0800-2223-151)で確認できます。

 

 

iPhoneの画面修理費用と期間はどれくらいかかる? キャリア別にご紹介

各キャリアによって、修理費用と期間が異なります。

画面を修理する場合にかかる費用や修理にどれくらい要するかを確認していきましょう。

☝︎サポート対象外の人必見!iPhoneが壊れた際に行きたい信頼できる修理ショップランキング!

 

AppleCare+の場合

過失や事故による損傷がなく、問題が製品保証や保証対象である場合は、修理料金はかかりません。

AppleCare+に加入している場合、過失や事故による損傷でも最大2回まで保証対象となります。

AppleCare+に加入している場合、iPhone 7 Plus、iPhone 7、iPhone 6s Plus、iPhone 6s、iPhone SEは一律11,800円の修理費用がかかります。

なお、保証対象外の場合は以下の費用がかかります。
iPhone 7 Plus:34,800円
iPhone 7:32,800円
iPhone 6s Plus:33,000円
iPhone 6s:30,000円
iPhone SE:26,800円

 

docomoの場合

ケータイ補償サービス for iPhone & iPadに加入している場合、保証を受けることができます。

docomoでは、iPhoneを修理するのではなく、リフレッシュ品と呼ばれる手元に触れる部分を新品になりますが、基盤などはdocomoで回収した故障・破損で回収したパーツを再利用した製品と交換になります。

交換にかかる費用は機種によって異なり、iPhone 6s/6s Plus/7/7 Plusは11,000円、iPhone SE/6/6 Plus/5s/5cは7,500円までdocomoでサポートしてくれます。

なお、リフレッシュ品が届くまでは1日〜2日程度となっています。

 

auの場合

auで修理をするのではなく、購入から2年間2回までApple StoreやAppleの正規プロバイダーで修理をした際に後日最大で10,000円返金してくれるサービスになります。

なお、2013年9月11日〜2013年9月26日にiPhone4S、5の購入と同時(またはそれ以前)にauスマートパスに入会した場合は「最大7,800円(税込)」の負担となります。

AppleStoreへの持ち込みとなるため、その場で修理してもらうことができますが、破損状況によってはAppleのリペアセンターで修理となる場合もあります。
リペアセンターでの修理となった場合は、修理には1週間ほどかかります。

 

SoftBankの場合

修理を申し込むとリフレッシュ品と交換してもらえます。

SoftBankでは、一旦修理費を利用者が全額負担し、かかった費用を月額使用料から天引きしてくれるシステムになっています。

割引率が機種によって変動するため実質負担する金額にばらつきはあります。

故障してから1年未満の場合、iPhone 7では5,800円、iPhone 7 Plusは6,300円、iPhone 6sは8,400円、iPhone 6s Plusで9,300円となっています。

リフレッシュ品は修理申込後、1日〜2日程度で受け取れます。

 

まとめ

各キャリアの保証サービスの確認方法とホームボタンを修理する場合の費用と期間についてキャリア別にご紹介しました。

修理をする前にまずは保証期間をチェックしましょう。

Apple Care+の保証期間であればかなり安く修理することもできますが、キャリアの保証プランに加入しても修理・交換に一度全額払う場合もあるため注意が必要ですね。

修理にかかる期間も最短でその日中になりますが、平均1〜2日、長くとも1週間ほどで修理ができるようです。

なお、故障状況によって金額は異なりますので、今回ご紹介した金額は目安としてご参考にしてください。

 

スポンサーリンク