iPhone ポケットWi-Fi

海外でiPhoneを使う為におすすめのポケットwifi3選|LINEやスカイプが使い放題             

海外旅行や、海外出張などに行く際、気になるのがiphoneの通信料金です。

実はiPhoneを特になんの設定もせずに海外で使うと、通信が出来ない、もしくは膨大な料金請求が来ることがあります!

iPhoneの基本的な通信サービスは日本国内を前提としているので、海外では海外対応の設定をすることが必要なのです!

そこで、今回はそんなiPhoneを海外でスムーズに使うための設定をご紹介します!

また、海外で使えるおススメのポケットwifiもエリア別にご紹介していきたいと思います!

アメリカへ持っていきたいオススメのポケットWiFi3選

ヨーロッパへ持っていきたいオススメのポケットWiFi3選

アジアへ持っていきたいオススメのポケットWiFi3選

高額請求を避けるために、iPhoneを海外に行く前に設定しておくべき6項目

必ずやっておくべきiPhoneの設定についてです。

もちろん、インターネットや電話を全く使わないのであれば高額請求がくる恐れがありません。

一方、今回前提とするのは「インターネットや電話などのデータ通信を海外で行いたい場合」のiPhone設定についてです。

主に設定しておくべき項目は6パターンあります。

iPhoneを海外で使用した際に設定しておくべき6項目
  • Wifi接続をONにし、4G・データローミングをOFFにする
  • WifiアシストをOFFにする
  • iCloudをOFFにする
  • アプリの自動更新をOFFにする
  • iCloud DriveをOFFにする
  • その他デバイスとの連動をOFFにする

それではこれから一つずつ詳しく解説していきます。

Wifi接続をONにし、4G・データローミングをOFFにする

海外でのデータ通信をするには、自分の持っているポケットwifi、もしくは現地キャリアの電波を利用するのがおススメです。

設定手順は、「設定>wifi」をONにすれば完了です。同じように4G、データローミングはOFFにしておきましょう。

4GやLTEなどの通信を利用すると、高額請求の恐れがあります。そのため、常にデータの通信はwifiを選択することが重要です。

そして海外でも利用できるポケットwifiを携帯することでスムーズな通信が可能です。

ポケットwifiのおススメランキングについては後程ご紹介していきます。

Wi-FiアシストをOFFにする

 iPhoneにはwifiアシストという機能があります。

これは、wifiの接続状況が不安定になると通信をモバイルデータ通信に切り替えるというものです。

せっかくWiFiをONにしておいても、この機能によってLTEなどの接続が選択されてしまいます。

この機能をONにしておくと、思いがけない高額請求がくる場合があります。そのため、WiFiアシストは忘れずにOFFにしておきましょう。

設定手順は、「設定>モバイルデータ通信>wifiアシスト」です。

これをOFFにすればwifi以外の通信をする心配はありません。

iCloudをOFFにする

iPhoneには、iCloudという便利な機能があります。

これは撮った写真や動画を自動でクラウド上にアップロードし、バックアップしてくれるというものです。

確かにこれは万が一の時のために非常に便利な機能です。

ですが、この機能をONにしたままだと、思いがけず通信量がかさんでしまうこともあります。

特に旅先では写真を多く撮ったりしますよね。

そんな時に、全てのデータをクラウド上にアップしていてはかなりの通信量がかかります。

ポケットWiFiを持って行っていたとしても、契約内容によっては通信制限がかかることにもつながりかねません。

海外でのデータ通信を最小限に抑えるためにも、このような機能はOFFにするのをおすすめします。

設定手順は、「設定>icroud>icroudを使用しているApp>写真」です。

これをOFFにすることで写真の自動バックアップを防ぐことができます。

アプリの自動更新をOFFにする

 iPhoneの機能には「Appのバックグラウンド更新」というアプリの自動更新を行うものがあります。

これは、WiFiのあるところで更新の必要なアプリを更新してくれる機能です。つまり自動でアプリの情報更新をしてくれるのです。

ですが、この機能を使うと、更新を急がないアプリまでアップデートされてしまいます。

先ほどもご紹介したように、海外ではWiFiを持っていても通信量は最小限に抑えるのがポイントです。

そのため、不要なアプリまで更新するのに通信量を使うのは得策ではありません。

これを防ぐためには、アプリの自動更新設定をOFFにすることが必要です。

設定手順は、「設定>一般>Appのバックグラウンド更新>Appのバックグラウンド更新」です。

これをOFFにすることで不要な通信をせずに済みます。

iCloud DriveをOFFにする

海外出張時、特にiCloud Driveなどを使う方にも注意が必要です。

これはPagesなどの書類を作成すると自動的にクラウド上にバックアップしてくれる機能です。

この機能も、写真と同じくONになっていると意図せず通信量がかさみます。

設定手順は、「設定>モバイル通信>iCloud Drive」です。

これをオフにすることで勝手に書類などのアップロードをせずに済みます!

その他デバイスとの連動をOFFにする

iPhoneとその他の機器(ipadなど)を通信、連動させている方も注意が必要です。

この設定をONにしていると、連動させている方の機器にアプリをインストールしたりすると同時にiPhoneでもインストールが始まったりします。

必要であればONにしておいても問題ありませんが、特に海外で必要ない場合は無駄に通信量を食うことになりますのでOFFにしておくことをおすすめします。

設定手順は、「設定>iTunes StoreとApp Store>モバイルデータ通信」です。

これをOFFにしておくことで、他デバイスとの連動を切り通信量を節約出来ます!

スポンサーリンク

通常の状態では、LINEやFacebookなどは使えるが高額請求が発生   

海外向けの契約に切り替えず、国内での使用状態のまま海外に行くとどうなるのでしょうか。

私たちが当たり前のように使っているLINEやFacebookは使えるのでしょうか。

結論から言うと、『LINEやFacebookなどのアプリは使えます

ちなみにLINEやFacebookは中国では規制があるので使えないケースがありますが、その他の国では問題なく使えるのです。

しかし、日本では基本的に無料のこれらのサービスですが、海外で利用すると高額の請求が発生するのです!

というのも、通常のキャリアのデータ通信だと、海外でもパケット通信が適用されることになります。そのため、国外にいる分その料金が膨大になってしまうのです。

これを防ぐには、やはり海外対応のポケットWiFiを持っていくことがおすすめです。

常に持って行ったポケットWiFiの通信のみにしておけば、かかるのはポケットWiFiの契約料金のみということになります。

この方が、かかるお金も計算出来て安心ですね。それではここから、海外でおススメのポケットwifiについてご紹介していきます!

海外旅行や出張で大活躍するポケットWiFiランキング3選

ここからはエリア別に、海外でおススメのポケットwifiをご紹介していきます!

いずれも国内で事前にレンタルすることができ、海外での滞在中に使い、帰国後返却できるタイプのポケットwifiです。

コスパもよく通信の安定性の良さという観点からランキング形式でご紹介していきます。

海外旅行を考えている方も、出張予定のある方も、ぜひスムーズな旅のお供に、ご参考にしてみてください。

アメリカ旅行や出張に持っていきたポケットWi-Fi3選

アメリカに行く場合、おすすめのポケットwifiランキングは以下の通りです!

第一位:Global WiFi

第二位:イモトのWiFi

第三位:U.Sデータ

それではそれぞれのポケットwifiのスペックを見ていきましょう!

料金・オプション・通信の安定性などの項目ごとに記載しています。

wifiサービス名第一位第二位第三位
GLOBAL WifiイモトのWifiU.Sデータ
料金300MG/日230円
500MB/日330円

(※600MG)

490円
1GB/日430円530円
無制限/日930円
手数料受取・返却手数料0円0円0円
空港受取受取可能空港14か所6か所4か所
オプション予備バッテリー/日216円216円100円
保証制度/日216円216円200円
通信の速さ
通信の安定 

どんな方にもおすすめとポケットWiFIは1位Global Wifiです。

このポケットwifiはアメリカに限らず全世界で使うことが出来ます。

なんといってもコスパの良さがGlobal Wifiの強みです。

プランも300MBから用意されているので、それぞれの使い方に合ったプランで申し込むことが出来ます。

また、宅配便はもちろんのこと2位以降と比較して受取可能な空港が多いこともポイントです。

日本国内の主要な空港は網羅しているので、受取も非常にスムーズです。

一つ難点を言えば、ハワイに行く際には2台のポケットwifiが必要になります。

アメリカ本土とハワイで別々の端末が必要になってしまうので、そこはデメリットです。

\\グローバルWiFiの公式サイトからポケットWiFiをお得に申し込む//

 

2位のイモトのwifiは一位に次いでコスパ抜群のポケットwifiです。

また、日本発祥の海外対応ポケットwifiということもあり非常に安心です。

日本の空港にはイモトのwifi専用カウンターがあるところもあります。

また、基本的には全世界対応で、ハワイに行くにも1台の端末でOKです。

最低500MB~というプランなのでそこまで使わない方には契約しにくいかもしれませんが、そこまで高額でもないのでおすすめです。

また、通信の速度や安定性も非常によく、安心して使うことが出来るのがポイントです。

\\イモトのWiFiの公式サイトからポケットWiFiをお得に申し込む//

3位のU.Sデータはアメリカに特化したポケットwifiです。

プランは700MBもしくは無制限という思い切ったものです。

1位、2位と比較すると価格は少々お高めですが、データの通信量を気にしたくない人には非常におススメです!

ちなみにこのU.Sデータは長期滞在者に非常にうれしい「マンスリープラン」というものがあります。

これは同じ無制限のプランでも、1ヶ月丸レンタルすることで1日あたりの料金が700円になるというものです。

ちなみに総額にすると21,000円/月となります。

通常のwifi月額料金と比較するとお高めではありますが、それで一ヶ月丸々データ無制限だと思うと非常にお得です。

通信の安定性も抜群で、アメリカ国内であれば日本と変わらず不自由なく使うことが出来ます。

動画を見る人や、音楽を聴く人などにもおすすめです。

\\U.Sデータの公式サイトからポケットWiFiをお得に申し込む//

ヨーロッパに持っていきたいポケットWiFi3選

続いてはヨーロッパへ行く際のおすすめポケットwifiの1位~3位のランキングはこちら!

第一位:Global WiFi

第二位:Fast-Fi

第三位:イモトのWiFi

それではそれぞれのスペックを見ていきましょう!

wifiサービス名第一位第二位第三位
GLOBAL WifiFast-FiイモトのWifi
料金300MG/日230円510円
500MB/日330円(※600MG)710円490円
1GB/日430円1,480円530円
無制限/日
手数料受取・返却手数料0円0円0円
空港受取受取可能空港14か所3か所6か所
オプション予備バッテリー/日216円216円
保証制度/日216円200円216円
通信の速さ
通信の安定

1位にランクインしたのは先ほどと同様、Global Wifiです。全世界対応の大手であるGlobal Wifiが安定の1位となりました。

受取可能な空港の数も14か所と、2位以降から群を抜いて多いのも特徴です。

さらには圧倒的なコスパの良さと、あらゆる期間やシーンに応じて使えるリーズナブルさがランクインの決め手となりました。

ちなみにヨーロッパの対応国数もかなり充実しています。

\\グローバルWiFiの公式サイトからポケットWiFiをお得に申し込む//

2位Fast-Fiというポケットwifiです。

これはヨーロッパ圏に特に特化したポケットwifiです。

その他アジア・アメリカ・アフリカなど幅広い国に対応しています。

その中でもヨーロッパ圏のおすすめwifiとして2位にランクインしたのは、周遊プランがあるからです。

日割の基本料金プランを見るとかなり高いイメージがありますが、この周遊プランなら割引を利かせることが出来るのです。

周遊プランには30日・60日・90日の3種類のプランがあります。

例えば30日の場合は500MB/日で550円/日になります。

つまり1日あたりの料金が160円近くもお得なのです!

また、ポケットwifiを使うにあたって気になるのは充電ですが、Fast-Fiのポケットwifiは電池の容量が非常におおきいことがポイントです。

専用のケーブルを使えばiphoneの充電を3回も出来るほどの容量を備えています。

出先で充電がなくなるのは非常に怖いですが、これなら安心です。

さらにはポケットwifiに通話機能も備えたポケットwifi電話というサービスもあります。

このほかにヨーロッパ圏で使える電源プラグも50円/日と非常に安くレンタル出来ます。

通信もヨーロッパ圏であれば非常に安定しているので、安心して使えるポケットwifiと言えます!

\\Fast-Fiの公式サイトからポケットWiFiをお得に申し込む//

3位にランクインしたイモトのwifiについては、先ほどご紹介した通り日本のポケットwifiで安定して全世界でつなぐことが出来ます。

公式HP上でもドイツやフランス、主要なヨーロッパの国のほかにもアルバニアやルクセンブルクなどあまりメジャーではない国までしっかりと対応国として記載されています。

また、30日間以上の長期旅行の場合は、2位のFast-Fiの方が割安になる場合があります。

公式HPにてあらかじめ見積もりをすることをおすすめします。

\\イモトのWiFiの公式サイトからポケットWiFiをお得に申し込む//

アジア旅行に行く際もっていきたいポケットWiFi3選

続いてはアジアへ行く際におすすめのポケットWiFiランキングはこちら!

第一位:Global WiFi

第二位:イモトのWiFi

第三位:Wi-Ho!

他のエリアでもおなじみの1位、2位に次いでWi-HO!というサービスがランクインしました。

それぞれのスペックを見ていきましょう。

wifiサービス名第一位第二位第三位
GLOBAL WifiイモトのWifiWi-Ho!
料金300MG/日230円100円
500MB/日330円(※600MG)490円222円
1GB/日430円530円333円
無制限/日588円
手数料受取・返却手数料0円0円0円
空港受取受取可能空港14か所6か所6か所
オプション予備バッテリー/日216円216円216円
保証制度/日216円216円216円
通信の速さ
通信の安定

1位のGlobal Wifiについては金額、プランの充実さ、1日から借りられるリーズナブルさ、総合して他のレンタル会社をしのいでいます。

\\グローバルWiFiの公式サイトからポケットWiFiをお得に申し込む//


2位のイモトのwifiについては、日割りにすると割高のように思えますが、アジア周遊プランという長期でアジアへ行く方向けの割安プランがあり、お得に契約できます。

イモトのwifi専用カウンターが空港内に設置されているところもあるため、受取から返却までが分かりやすいのもポイントです。

\\イモトのWiFiの公式サイトからポケットWiFiをお得に申し込む//


3位のWi-Hoですが、これは中国発のサービスです。

全世界で使うことが出来るサービスですが、アジア圏であれば特にお得に使うことが出来ます。

上の表を見てもらえばわかるように、Wi-Hoのコスパの良さは群を抜いています。

表での価格は最安値ですが、それにしても安い!

コスパを突き詰めればWi-Ho一択となります。

ですが何故3位にランクインしたのかというと、コスパの反面通信の安定性にややデメリットがあるからです。

全世界対応とはなっていますが、特定の場所で通信が不安定になるなどの評価が多く上がっています。

さらに電池についても、Global Wifiやイモトのwifiと比較して減りが早いといった声多くあります。

もちろん使えることには使えるのですが、そういった声を加味して3位のランクインとなりました。

特に長期滞在で、多くのデータ通信を必要とする方にはあまりおすすめではないかもしれません。

\\Wi-Ho!の公式サイトからポケットWiFiをお得に申し込む//

まとめ

海外でiphoneを利用する時には、ポケットwifiの準備が必要だということが分かりました。

Global Wifiやイモトのwifiなどは基本的に全世界で安定して使うことができますが、行き先によってはそのエリアで強いポケットwifiを契約した方がお得な場合があります。

こうしたポケットwifiは、基本的に公式HPなどで利用料金を見積りできるようになっています。

ご自身の使いたいデータ通信量、日数などを加味して算出してみて下さい。

通信に大切な海外での時間を邪魔されないように、是非参考にしてみて下さいね!

アメリカへ持っていきたいオススメのポケットWiFi3選

ヨーロッパへ持っていきたいオススメのポケットWiFi3選

アジアへ持っていきたいオススメのポケットWiFi3選