iPhone 基本操作

iPhoneのおやすみモードはLINEや電話・アラームの通知で音がなるのか検証

こんな場面に遭遇してしまい、スッキリとした朝を向かえれなかった経験はありませんか?

iPhoneをスリープ画面にし、いざ就寝!

ウトウトと気持ちよーく寝ようとしたら、iPhoneから通知音がチロリン

その音にふと目が覚めてしまったが、煩わしいので再び目を閉じて寝ようとしたのに

今度はLINEが届いてピヨン LINEを連投されたのか、続いてさらにピヨン

仕方なく眠い目をうっすらと開けて…手探りでiPhoneを探り当て

光っている画面から通知内容を確認するけど、内容としてはそんな大した事ない文面で。

再びiPhoneをスリープ画面にし、寝ようとしたけど別の通知音がチロリン 

面倒だから布団に潜りこみ、やっと眠りにつけたけども結局は熟睡できず。。。

嫌ですよねー、通知音などに眠りを邪魔されるのは。

私ならこんな場面の時

「もう! 寝る時くらい静かにしてよ…(怒)」ってイラつきます。

だって布団に入ったら朝まで熟睡したいですし、休日なんかお昼まで寝ていたい!

今回はそんな場面や気持ちをiPhoneが手助けする機能「おやすみモード」を紹介します!

iPhoneのおやすみモードってなに??

「おやすみモード」とはその名の通り、睡眠を少しでも快適にするモードです。

  • iPhoneの通知音に睡眠を邪魔されたくない!
  • 誰かから電話がきても、着信音で起きたくない!
  • 部屋もiPhoneの画面も真っ暗にして寝ているのに
  • 通知来た時にiPhoneの画面が光り、僅かでも周りが明るくなってほしくない!

しかしiPhoneは精密機器だし、そんな人間の気持ちなんて汲み取ってくれない…

なーんて思ってはいませんか??

実は、そうではありません!人間の気持ちを汲み取ってくれていたのです!

突然ですが、ここに「おやすみモード」についての3カ条を掲げましょう。

おやすみモード 3カ条

iPhoneは通知がきても、通知音を鳴らしません!

電話が掛かってきても、iPhoneは着信音を鳴らしません!

通知がきても着信きても、iPhoneは画面を光らせません!

iPhoneは上記3カ条に基づいて、アナタの眠りを快適にします!

ではこの後に「おやすみモード」をONにすると

iPhoneがどんな風に動いたりするのかを解説していきましょう。

iPhoneにくるLINEのトークや電話の通知はされるの?

相手の画面は既読やどんな風に表示される?

まずは『LINEのトークは通知されるのか?』

これはある条件を満たされれば通知されません!

その条件とは『iPhoneの画面がスリープ画面(真っ暗)である事。

スリープ画面であれば、LINEのトーク通知が来ても音も鳴らなければ画面も光りません。

そう!! LINEの通知音も鳴らない。画面も光らない。

つまり睡眠の邪魔はされない!!という事なのです。

ではLINEのトークの時と同じ条件で、iPhoneの画面がスリープ画面の時

『LINE通話は通知されるのか?』ってちょっと気になりますよね。

これは残念ながら、地味に通知されてしまいます

スリープ画面であれば、iPhoneの画面は真っ暗のままですが

バイブレーションだけが「ブーッブーッ」と鳴ってしまいます。

睡眠中、バイブレーションだけでも起きてしまう方であれば

おやすみモードを使用していても、LINEの着信だけは気づいてしまいますね。

では他に、『ロック画面やホーム画面の時はどんな風になるのか?』気になりますよね。

ロック画面の時、画面上に通知は表示はされます!しかし音はなりません。バイブレーションも鳴りません。

ですから、iPhoneの画面をスリープ画面からロック画面にした時「あっ、通知きてたんだ!」とやっと気づく事が出来ますね。

ホーム画面の場合は、設定方法によって通知が表示される or 表示されないがあります。

後ほど紹介しますが、設定Appの中で2つの選択肢があるのです。

もし「iPhoneのロック中は知らせない」を選択しているならホーム画面の時のみ通知が表示されます。

またホーム画面上でも通知したくない時は、設定Appの中で変更できます。

変更方法は後ほど紹介する『☆おやすみモードの設定方法☆』をご参考ください。
ちなみに…

LINEのトークを送ってきた相手や、LINE通話をしてきた相手側の画面はというと?!

おやすみモードにしているからといって、至って相手の画面に違いはありません。

トークに関しては、自分が既読するまでは相手側に「既読」のマークはつきませんしLINE通話に出ず、相手が通話を終了すれば相手の画面では「応答なし」です。

その為、相手側におやすみモードをONにしている事は気づかれません。ご安心を。

iPhoneの電話Appに着信来た時に音は鳴るの?

これも…設定の方法次第です!家族・恋人・友人・会社の人…

どんな人から電話がきても、通知される or 通知しない

いずれかの設定もありますしよく使う項目に登録している人だけ、通知する設定もできます。

では今、アナタはどんな設定になっているかを一緒に確認してみましょう。

まずは設定Appをタップし、少し下げたところにある「おやすみモード」をタップ。

次に「着信を許可」をタップしましょう。すると選択肢が表示されます。アナタのiPhoneはどこにチェックがありますか?

「全員」にチェックがある場合→ どんな人からでも、着信が来たら通知をする。

「だれも許可しない」にチェックがある場合→ どんな人から着信が来ても、一切通知しない。

「よく使う項目」にチェックがある場合→ 電話Appの中にある「よく使う項目」に登録している人だけ、着信が来たら通知する。

さあ、アナタはどこにチェックがありましたか?

もしチェックのある場所を変更したいのであれば、変更したい項目をタップしてチェックを入れ直しましょう。

チェックを入れた項目にしたがって、通知される or 通知されないが決まります。

また上記とは別に3分以内に2回目の着信があった場合のみ通知するそんな設定もあります。

こちらは緊急時を想定してのiPhoneの設定と言われています。設定するには「繰り返しの着信」をタップし「ON(緑)」にするだけ。

ちなみに、「だれも許可しない」にチェックがあり「繰り返しの着信」がOFFの場合。

おやすみモードをONにしている間は、何度着信があってもiPhoneは通知しませんので

設定する際は気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

iPhoneのおやすみモード中って、アラームの音は鳴るの?

アラームは鳴ります!

前の文章で記載したとおり、通知音や着信音を鳴らさないだけの設定でありアラームは設定している通りに鳴ってくれます。

ですから、iPhoneを目覚まし代わりに使用していても問題ありません!

おやすみモード『ON』にする前に確認したい注意点

その名前のとおり『寝る前にON・起きたらOFFまたは

『使う時だけON・使わない時はOFFを心がけましょう。

おやすみモードをONにしている最中…たとえ本当に大切なLINEなどの通知が来ても、たとえ本当に大切な電話があっても…

iPhoneがスリープ画面であれば、一切気づけません。

ロック画面にしてから、やっと通知に気づく事ができます。

大切な通知・大切な電話に気付けず、気付いた時には時すでに遅し…なんて場面もあります。

おやすみモードは確かに便利な機能ですがメリハリをつけ、ONOFFの切り替えを忘れずに使用しましょう。

iPhoneのおやすみモードの設定方法

それでは設定方法に移りましょう。設定する場所は2箇所あります。

1つ目はとっても簡単な設定方法!

画面の下からコントロールセンターを開き、三日月マークをタップ。

四角が白くなり、三日月が紫色になったら…はい、ONにする作業完了!これだけでおやすみモードをONにできます。

2つ目は、おやすみモードのON・OFFを切り替える事もできますが、

おやすみモードを使用するための詳細な設定を定める画面でもあります。
まずは設定Appをタップし、少し下げたところにある「おやすみモード」をタップ。

おやすみモードのON・OFFを切り替えるのは一番上「おやすみモード」の項目。

この項目の右にある丸をタップし、丸が緑色になれOK。おやすみモードがONにできました!

また、時間を指定しておやすみモードを使いたい場合は「時間指定」をタップしONに。

「開始」と「終了」の時間を手動で設定すれば毎日設定した時間帯だけ、自動的におやすみモードがONになります。

次は「通知」の設定。

これは、ホーム画面の時に通知をする or 通知をしない、を決めるの設定です。

・「常に知らせない」にチェックを入れた場合→ ロック画面の時も、ホーム画面の時も通知を一切表示しない。

・「iPhoneのロック中は知らせない」にチェックを入れた場合→ ロック画面の時のみ通知をせず、ホーム画面の時のは通知をする。

いずれかにチェックを入れる事で通知をする or 通知をしない、を決める事が出来ます。

まとめ

おやすみモードを使用すれば、きっとアナタの睡眠を邪魔される機会はグッと減るでしょう!

最後に豆知識をお一つ…

おやすみモードを『ON』にしている間のiPhone画面には2点の特徴があります。

自分がONにしているのか?OFFにしているのか?設定を確認しなくても、この特徴で判断が出来ますのでぜひご参考に!