iPhone6s

iPhone6sのLive Photosの使い方とうまく撮影するコツ

こんにちは!
『アル』です。

本日のお題は
『iPhone6sのLive Photosの使い方とうまく撮影するコツ』

についてご紹介しますね。

iPhone6sより新機能として搭載され
3D Touchと共に注目されている

Live Photosの使い方とうまく撮影するコツ
本日はご紹介していきますね。

 

 

iPhone6sから搭載されたLive Photosっていったいなに?

スクリーンショット 2015-10-01 17.57.54

新しく新機能として登場した
Live Photosとはいったいなんだろう?
って思っている人は『アル』だけではないでしょう。

Appleの公式サイトから説明を抜粋してみました。

スチル写真は、時間を止めて一瞬をとらえます。Live Photosは、その一瞬をいきいきとした動きのある思い出に変えます。美しい12メガピクセルの写真を真ん中にして、撮った一瞬の前後の瞬間も動きとサウンドと一緒にとらえる。それがLive Photosです。出典:Apple公式

ふ〜〜ん。なんとなく分かったようなわからないような。

実際、映像を見て確認することで
よりイメージが湧き理解しやすくなると思いますので

動画でLive Photosを動画で確認してみましょう。

 

動画を視聴するとLive Photosがどんな物なのか
イメージが浮かんだかと思います。

Live Photosは写真を撮影する前後1,5秒を動画として
音と映像が同時に撮ることが出来ます。

もちろんセルフィーでも同様に撮影することが出来ますよ。

これらLive Photosで撮影した写動画を
壁紙に設定することも可能です。

 


スポンサーリンク





Live Photosを撮影する方法

スクリーンショット 2015-10-01 17.55.46

Live Photosを起動して撮影する方法は
ボタン一つで設定ができすっごい簡単です。

こちらはLive Photosがオフになっている状態

スクリーンショット 2015-10-01 17.53.50
赤枠で囲まれた『◯』をポチッと押す
黄色い『◯』へと!!これで設定は完了です。

 

スクリーンショット 2015-10-01 17.52.20

 

撮影する際はホームボタンを
写真を撮影する際と同様に
『ポチッ』押しましょう。

長押ししてしまうと勝手に連続で撮られて
しまいますからね〜!

 

Live Photosをうまく撮影するコツは?

Live Photosをうまく撮影するには
出来るだけiPhone6sをブレないように固定して撮影する

ことが『アル』が実際に撮ってみて感じたことですね。

Live Photosはすんごい新機能ですが
動画や写真と同じような撮影の仕方で行うと

なにがなんだかわからないような
Live Photosになってしまうので・・・

 

Live Photosで撮影すると容量が通常の2倍

Live Photosで撮影した写真動画
通常の写真と比べる

使用する容量が2倍!!

長年iPhoneを使用しているとたくさん溜まっていく
写真の思い出たち。

今回発売されたiPhone6sは

16GB・64GB・128GBの三種類ですが

保存量から言っても安さに流されずに16GBは購入しない
方がいいのかなってアルは思っています。

 

まとめ

画期的な新機能のLive Photosを

せっかくなので壁紙に設定しましょう。

Live Photosを壁紙に設定する方法
こちらからチェックして

iPhoneをもっともっと楽しみましょう。

 

スポンサーリンク