iPhone 役立ち情報

iPhoneをもし失くした時に本当に助かる『紛失モード』を徹底解説

こんにちは。『アル』です。

本日ご紹介していく記事のテーマはこちらについて
『iPhoneをもしなくした時に本当に助かる『紛失モード』を徹底解説』

iPhoneをズボンのポケットに入れて、気づいたら落としてしまった。

飲み会の後に鞄ごと忘れてしまったという何とも悲しい経験はありませんか?

iPhoneでさまざまなことができる分、失くすと不便なのはもちろん、iPhoneは個人情報の塊とも言えますので、不安になりますよね。

友人に頼んで着信音で探すという手もありますが、どこで無くしたか分からないときに探し出すのは難しい。

そういった場合に備えて、失くしてしまって時に慌てないためにも対策方法を知っておくことが大切です。

iPhoneには『紛失モード』という、いざという時に助かる機能が備え付けられています。

今回は、iPhoneをもし失くした時に役立つ紛失モードを解説していきます。

 

 

iPhoneの紛失モードってなに?

iPhoneに『紛失モード』という機能があることをご存知でしょうか。

普段から使う機能ではないので、実は知らなかったという人もいると思うので、この機能について説明していきます。

『紛失モード』は、万一iPhoneを失くしてしまった時に遠隔操作によって、iPhoneをロックできる機能で、iPhoneに保存されているデータを見られないように設定することができます。

それだけであれば普段からロックをかけているし、問題ないのでは?

と思うかもしれませんが、この紛失モードを使うことで、ロック画面に任意のメッセージを表示することもできるのです。

拾った人がメッセージを読んで必ずしも届けてくれるとは限りませんが、落とし物だと気づいて交番に届けてくれる可能性はグンと上がるはずです。

 

紛失モードの使い方を徹底解説

それでは実際に『紛失モード』の使い方を説明していきます。

事前に設定が必要になるので、まずはそちらからチェックしていきましょう。

 

 

紛失モードを使う前に確認しておくこと

紛失モードを使うには事前に設定を確認しておく必要があります。

紛失モードは、『iPhoneを探す』が有効になっていなければ利用することができません。

『iPhoneを探す』が設定されているか確認しましょう。

設定アプリを開き、「プライバシー」をタップ。

次に、「位置情報サービス」をタップ。

位置情報サービスの中一番下にあるシステムサービスをタップし、「iPhoneを探す」をオンにします。

iPhoneを失くしてからだと設定することはできませんので、事前に「iPhoneを探す」をオンにしておきましょう。

位置情報サービスは必要なアプリでのみ有効にすることもできます。

位置情報を有効にしておくのは不安だという方はiPhoneを探すのみオンにするよう設定すると良いでしょう。

 

紛失モードを利用する時

事前に「iPhoneを探す」を有効にしていて、紛失モードを利用する場合どのように使うのかを見ていきます。

遠隔操作でiPhoneにロックをかけることになるため、紛失モードを使う際はパソコンを使います。

まず、パソコンのブラウザで「icloud.com」にアクセスし、iPhoneに設定してある「Apple ID」と「パスワード」を入力してログイン。

ログインすると、アプリのアイコンが表示されるので、「iPhoneを探す」をクリック。

デバイスが選択できるので、iPhoneを選択。

クリックすると画面右上にiPhoneが表示されます。

iPhoneの画像の下に『紛失モード』があるので、そこをクリック。

パスコードを設定していない場合はパスコードの設定を要求されます。

解除にも必要になるため、番号は忘れないようにしましょう。

iPhoneのホーム画面に表示される電話番号の入力が求められます。

入力は任意になっているので、個人情報の記載が不安な場合は、入力せずに紛失モードを設定しても問題ありません。

最後にロック中のiPhoneに表示するメッセージを入力し、完了をクリックすると紛失モードを設定できます。

 

紛失モードを解除する時

もしiPhoneが手元に戻り紛失モードを解除したい場合もご紹介します。

紛失モードは設定した時と同様、パソコンからiCloudに接続して解除します。

「iPhoneを探す」からデバイスを選択した後、紛失モード解除という項目があるのでそちらをクリック。

紛失モード中のロック画面に表示される電話番号とメッセージの画面に移ります。

一番下にある「紛失モードを停止する」をクリックすることで紛失モードを解除。

確認のポップアップが表示されるので、「紛失モードを停止する」をクリックすると解除されます。

まとめ

iPhoneを失くした時に役立つ『紛失モード』についてご紹介しました。

事前に「iPhoneを探す」を有効にしておくことで、iPhoneを失くしてしまった時も手元に戻ってくる可能性が高まります。

気をつけていても失くしてしまうことは誰にでもありうるので、「もしも」の時に備えておくことが重要ですね。

 

スポンサーリンク