iPhone 基本操作

iPhoneのAirdropが使えない時の即解決方法|相手が表示されない・送れない原因と全対策方法

AirDropを使えば、共有したい写真をLINEへ添付して送ったり、

渡したいメモをコピーしてメールに添付してから送信したり、

連絡先を口頭で伝えて相手に登録してもらったり…手軽に送れますよね。

しかし…

  • AirDropを使いたいのに、どこでONにしたら良いの?!
  • 相手には自分が表示されているのに、自分には相手が表示されない…
  • 送る側・送られる側、両方ともAirDropが『ON』なのに送りたいものが送れない…

そんな場面に遭遇し、どうしたら良いのか頭を抱えた事はありませんか?

AirDropは便利な機能ですが、まず大前提に

『送りたい相手が自分のiPhoneに検出され、アイコンや名前が表示されている』

状態でないと、画像やメモなどの送りたいものも送れません。

その為には設定を正しく行わなければなりませんが、正しく設定を行なっていてもAirDropで相手に送りたいものが送れない時だってあります。

今回は、そんな頭を抱え込む原因となっている要素などを一つ一つ一緒に紐解き解決していきましょう!

スポンサーリンク

 iPhoneのAirdropが使えない!そんな時の原因と解決策全まとめ 

AirDropが使える条件として、いくつかの条件があります。

<div class=”concept-box3″><p>

  • iOS 7以上
  • Wi-FiとBluetoothがON
  • インターネット共有がOFF
  • AirDropがON

</p></div>

以上の条件が揃っていないと、まずAirDropは使用出来ません。

どこから? どうの項目を? どんな風に確認したら良いの??

そんな疑問も1つずつ・1項目ずつ、一緒に確認しましょう!

iPhoneがiOS 7以上であるか確認する方法

まずは設定Appをタップし、少し下げたところにある「一般」をタップします。

次は「情報」をタップし「ソフトウェアバージョン」の数字を確認しましょう。

さて、ここの数字は「7」以上でしたか?

「7」以上の数字であれば仕様条件を満たしていますから、AirDropが使えます!

 iPhoneがWi-FiとBluetoothがON・インターネット共有がOFFであるか確認する方法

2つとも、確認できる場所は2箇所ありますが、いずれか一方で確認できればOKなので、どちらか1箇所を一緒に確認してみましょう。

1箇所目は、設定Appから確認できます。

「Wi-Fi」をタップし「Wi-Fi」も項目が『ON』(緑)であればOKです。

また、「Wi-Fi」が『OFF』(白)であれば、『ON』(緑)にしましょう。

次は「Bluetooth」をタップし「Bluetooth」の項目が『ON』(緑)であればOKです。

また、「Bluetooth」が『OFF』(白)であれば、『ON』(緑)にしましょう。
次は「インターネット共有」をタップし「インターネット共有」の項目が『OFF』(白)であればOKです。

ここが『ON』(緑)であれば、『OFF』(白)にしましょうね。
2箇所目は、コントロールセンターから確認できます。

コントロールセンターの出し方は、iPhoneの縁から画面に向かって下から上に指をスーッと上げてみましょう。

すると、写真の様な画面が表示されます。これがコントロールセンターなのです。

このコントロールセンターの中でWi-FiとBluetoothのマークが青色であれば『ON』になっています。

薄っすら白色であれば『OFF』の状態なので、タップして『ON』(青色)にしましょう。

次に、インターネット共有のマークを確認する為に、左上の飛行機マークや電波マークのある枠を、少し強くグッと押してみましょう。

すると、中身が展開され色々なマークが表示されます。

その中にある「インターネット共有」というマークは必ず『OFF』(薄い灰色)にしておきましょう!

尚、「インターネット共有」が『ON』(青色)であるとWi-Fiが自動的に『OFF』となってしまい、AirDropが使用できる条件を満たせなくなります。

では最後に『AirDropがON』であるかを一緒に確認しましょうそう! 最初にとりあげた

iPhoneのAirDropを使いたいのにどこでONにしたら良いか確認する方法

という頭を抱え込む原因をここで解いてみせます!

実は…先ほど紹介したコントロールセンターの「インターネット共有」と同じ場所に「AirDrop」があるのです!

ここが青色であれば、AirDropが『ON』という事になります。

薄い灰色であれば『OFF』という事なので、タップして『ON』(青色)にしましょう。
まぁ、しかし…見つけにくい場所に隠れていますよね…。

もうちょっと…ね、分かりやすい場所だったら見つけやすいのに…。

以上、AirDropを使える条件が揃っているかの確認でした。

これは送る側・送られる側、双方が上記条件が揃っていないとAirDropを使用できませんので、お互いに条件が揃っているかを確認しましょうね!

スポンサーリンク

iPhoneのAirdropで相手が表示されない!相手が検出されない!そんな時の原因と解決策全まとめ

ここでは、考えられる原因を2つ紹介します。

1つ目は…送る側・送られる側のiPhone同士の距離です。

送る側・送られる側、二人の距離はどれくらい離れていますか?

AirDropで検出可能な距離は、おおよそ9m迄です。

しかしその9mの中に壁があったり障害物がある場合、上手く通信ができなくなったり…ブツブツと途切れたり…。

不安定な状態となる為、9m以内にいるからといって必ず検出できる訳ではありません。

解決策の極論をお伝えすれば、昔のガラケーで赤外線通信をするくらい近く

又はiPhone同士をくっつけるくらいに距離を近づけましょう!

iPhone同士を距離0mに等しいくらい近づければ、嫌でもiPhoneは相手を検出します。

それでも相手が検出されない場合…

2つ目の原因として、検出範囲の選択が関わってきます。

AirDropが『ON』の状態でも誰でも構わず検出する or 特定条件に合う相手しか検出しない、という選択肢があります。

では早速、アナタのiPhoneではどの選択肢となっているかを一緒に確認してみましょう。

確認できる箇所は2箇所あります。

1箇所目は、設定Appをタップし「一般」をタップした後「AirDrop」をタップ。

2箇所目は、先ほどONにする方法と同じくコントロールセンターから「AirDrop」をタップ。

すると、3つの選択肢が表示されます。

「受信しない」

→周りにAirDropがONの人がいても、誰にも自分を検出させません。

ちなみにこの設定にした場合、自動的にAirDropはOFFになりますのでご注意を。

「連絡先のみ」

→お互いにiCloudにサインインされており、自分のApple IDに紐づいている

メールアドレスまたは電話番号が相手の連絡先に登録されている場合のみ

自分を相手に検出させます。

「すべての人」

→誰でもWelcome!! AirDropがONであれば、誰でも自分を検出させます。

さて、アナタはどこを選択されていましたか?

一時的に使用するのであれば、使う時だけAirDropを『ON』にして「すべての人」にチェックをオススメします。

そうすれば、連絡先にわざわざ登録する必要もなく、自分のiPhoneに相手が検出され、写真などを送る事ができますからね!

次に、送る側・送られる側、両方ともAirDropが『ON』なのに送りたいものが送れない…

という時の原因を一緒に探り、解決していきましょう!

スポンサーリンク

iPhoneのAirdropで送りたいものが相手に送れない・ 送信できない! そんな時の原因と解決策全まとめ

AirDropで送れるものは沢山ありますが、アナタは何を送信しようとしていますか?

写真ですか? メモですか? それとも、自分のLINEアカウントですか?

実は、AirDropでは送れるもの項目が限られています。

AirDropで送れるものリスト
  • 写真、動画(写真のみ複数枚同時送信OK)
  • ボイスメモ
  • テキストなどのファイル
  • 連絡先
  • 位置情報
  • Webサイトページ
  • App Storeのアプリ情報

 

上記以外にも共有マークがあり、AirDropが使える表示が出た時のみ使用できます

さて、ここで「共有マークってなに?」と思う人も多いと思います。

今送ろうとしているものは、AirDropで送れるものなのか?を一緒に確認してみましょう。

「共有マーク」とは、四角から上向きの矢印が突き出している写真の様なマークです。

もし共有マークが表示されていませんが、「•••」のマークが画面の中にある場合

一度「•••」をタップすると、共有マークが表示される場合もあります。

この共有マークをタップし「タップしてAirDropで共有」画面が出れば相手が検出されます。

「共有マークがまず出ない」

「タップしてAirDropで共有の画面が出ない」

となった場合、送ろうとしているものは、AirDropを使用し送信する事が出来ないという事です。

なので今回の例の場合、写真やメモは共有マークが表示される為、AirDropを使用し相手に送信できても自分のLINEアカウントは共有マークが出ない為、相手に送ることはできないのです。

iPhoneのAirDropのまとめPoint & ちょっとした注意点

いかがでしたか?

色々と確認する事はありましたが、AirDropはiPhoneの中でとてもシンプルな機能です。

自分も相手もiPhoneであればAirDropが使えますから

共有したい写真をLINEへ添付して送ったり、渡したいメモをコピーしてメールに添付してから送信したり、連絡先を口頭で伝えて相手に登録して貰ったり…そんな煩わしさも無くなります。

今回紹介したものは、AirDropを使うにあたってのPointですから、まずは自分がそのPointを満たしているかを押さえておきましょう!

そして実際にAirDropを使う時、相手も今回紹介したPointを押さえているか?を相手と一緒に確認してみる事をオススメします!

また、ちょっとした注意点だけお伝えさせてください。それは…AirDropは使わない時こそ、設定に注意しましょう!

何故なら『AirDrop痴漢』という言葉をご存知ですか?

例えば電車内、または人の多い街中で…突然見知らぬ人から不愉快な画像を自分のiPhoneに送りつけられる行為のことです。

これはAirDropがONで「すべての人」にチェックが入っているからこそ

周りにiPhoneユーザーが多い場所でこそ起こってしまう不愉快な事象の一つです。

そう…人の多い場所にいる時、知らない人のiPhoneにアナタが検出されてしまうのです。

知らない相手にアナタが検出され、自分が被害に合わない為にもAirDropを使わない時こそ、設定OFFにしたりし被害に合わないよう注意しましょう!

さて…今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最後は個人的な注意勧告でしたが、この記事を最後まで読んだ頂いたアナタだからこそ

被害に合うことが無いように気をつけて頂きたいため、執筆させて頂きました。

また悩み事ができた際は、このサイトで会いましょう!

私とご一緒に色々な記事を通して 、一つ一つ解決していきましょうね。